競馬の基本はダートレース!

こんにちは。競馬のレースには芝とダートがありますが、芝のレースの方が華やかで、ダートは地味なイメージを持っていませんか?はい!まさにその通りです!芝の方が重賞の数も多いですし、注目されるレースもたくさんあります。それは中央競馬に限っての話です。盛岡競馬場以外の地方競馬では全てダートレースが行われています。つまり、日本で馬券が買えるレースはダートのレースが断然多いわけです。

「砂を制する者が競馬を制す!」

とは言え・・・ダートと芝では根本的に違うところもあります。芝は良馬場の時タイムが早くなり、ダートは不良や重馬場の時にタイムが早くなります。また、芝は瞬発力、ダートは力が必要となり、一見同じように馬が走っているように見えて、まったく別物なんです。そして何より一般的に芝の育成状況や痛み具合によってコースの内外で有利不利が変動する芝コースよりも、大体いつも同じコンディションをキープできる、ダートコースの方が予想が組み立てやすいと言われています。かなりの競馬玄人であれば、芝の状態を読む事も出来るかもしれませんが、一般の競馬ファンはそこまで把握するのは難しいと思います。その点ダートは強い馬であれば差しや追い込みも決まりますが、基本的には逃げ、先行有利とも言われています。

それに、ダートコースの場合は力の無い馬はなかなか勝たせてもらえませんが、芝のコースは一瞬の瞬発力だけで勝負が決まるケースも多いです。また、ダートコースには他の利点もあります。それはJRAでは、通常ダートコースは芝コースの内側に設置されています。その為、どうしてもダートコースは芝コースに比べて小さいコースとなり、ゴール前の直線距離がどこの競馬場でも似たり寄ったりなのです。直線距離にほんとんど差のないダートコースの場合、騎乗している騎手が前回は別の競馬場での好走パターンと同じようなイメージを持ってちゃんと結果を出せる可能性が高くなります。そして冒頭でもお話しましたが、ダートを極める事によって、勝てるレースの幅がどんどん広がるのです!

それは土日しか開催していない中央競馬だけではなく、地方競馬も併用する事が出来るからです。もしダートだけではなく、競馬を勉強するという事であれば、最初は地方競馬をお勧めします。中央では実力が拮抗しており、予想もそれなりに難解になってきます。しかし、地方競馬は堅い決着になる事が多いので、比較的予想も簡単ですし、的中を味わいたいという場合はオススメですね。ただ地方競馬場で注意しなくてはならない事はコースの大きさです。先ほどお話したJRAのダートコースはどこの会場でもそんなに代わり映えしない形状ではありますが、地方の競馬場は会場によってかなり形状や直線の長さが変わります。

私は東京に住んでいるので、よく行くのは大井競馬場や川崎競馬場がが多いんですが、大井は直線が長く、川崎は直線がかなり短いです。コース自体も大井の方が広々していますが、川崎はかなり狭いコースです。これだけでも大きな差が出てくるものなんですが、これは競馬場の特徴なので、その特徴を知っているだけでも馬券の的中確率はグンと跳ね上がります。例えば大井競馬場であればコースも広く、直線が長いという事もあり、逃げ・先行馬だけではなく差しも届きやすい。それに比べ、川崎はコースが狭く、直線も短い為、終コーナーで前3頭目くらいまでの位置づけでないとまず勝ち負けには絡めないと言っても過言ではありません。馬券収支を上げたいならば、まずはダートに絞って勝負する事をオススメします!

ダートに絞って勝負をして研究し勝てるようになってきたら、きっとその頃にはメインレースも楽しめる実力がついているはずです。きっと馬券収支も上がっていることでしょう。
なかなか思い通りに収益が上がらないし、楽しみも分からないという方は、競馬情報サイトの競馬スピリッツをお勧めします。
このサイトはただ儲けるだけではなく、競馬をより楽しもう!というコンセプトのサイトです。全国どの情報でも競馬であれば、掲示板などを使って過去の傾向から買い目まで公開してくれます。もちろん地方競馬の情報もあるので、競馬を極めたい!と考える方は上記サイトのいろいろなコンテンツを試してみてはいかがでしょうか?